テストステロンで女性もニキビ悪化!減らす・抑える方法は?

 

 

生理前ニキビの原因は男性ホルモン!?

テストステロン 女性 ニキビ

 

生理前になるとなぜかたくさんできてしまうニキビは明らかにホルモンバランスの影響。それは何となくイメージできるところかと思います。しかし、この場合でいうホルモンバランスという言葉が男性ホルモンの増加を指すとしたら、なかなか信じがたいですよね。

しかし、事実です。生理の前後に分泌される体内の性ホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンの両方です。もちろん女性ホルモンのほうが圧倒的に多いのが通常です。しかし、この時に分泌される男性ホルモンが微量な人もいれば、その量が他の女性と比較して多いという体質の女性もいます。

 

プロゲステロンがテストステロンを微量に連れてくる

プロゲステロンとは、美容のホルモンとも言われる女性ホルモンの一種です。プロゲステロンが体内で増えると、肌はきめ細かく組織が整い、髪はしなやかに女性らしく形成されやすくなります。女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンやプロゲステロンにはこうした美容に良い効果をもたらすことに間違いはないのですが…

ここからが本題。このプロゲステロンが分泌される時に、一緒にテストステロンとジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンまで微量に付いてくるのです。この少量の男性ホルモンによって、生理前ニキビは引き起こされます。

 

低用量ピル療法には限界がある

男性ホルモンで女性ホルモンを劣位にするのは簡単なのですが、女性ホルモンで男性ホルモンを相殺しようと思うと、なかなか難しい部分があるのです。

例えば、低用量ピル療法が多くの美容皮膚科や都内のニキビ専門外来で行われているのをご存知でしょうか。この低用量ピルとは女性ホルモン製剤のことです。薬剤として服用することで、女性ホルモンを増やすことができるため、その美容効果によってニキビの修復が早くなり、できにくくなるという効果を期待する治療法です。

しかし、低用量ピルで女性ホルモンを増やしたところで、もともと生理前にニキビができやすい体質の女性というのは、プロゲステロンが増えた時に一緒に分泌される男性ホルモンが多い体質です。この低用量ピルの服用で増えたプロゲステロンが、結果的には男性ホルモンを連れてきてしまいます。

そのため、低用量ピルで男性ホルモンを相殺してニキビを予防するというのは、そもそもが理に適っていないと考える医師も中にはいるようです。

 

医療機関でのホルモン治療は逆効果になるケースも多い

低用量ピルによるホルモン治療は、”低用量” とは言ってもなかなかの高濃度です。女性ホルモンの体内量が一気に増えすぎることで、逆に女性ホルモンのバランスが不安定になるケースが多く、確かに生理痛などには一定の緩和効果があるのは事実ですが、肌への影響に至っては別問題です。

ニキビを作り出さない肌作りの基本は、女性ホルモンを増やすことではなく、女性ホルモン値を “安定” させることであり、増えたり減ったりしないようなバランスを保つことです。すなわち、低用量ピルで一時的にニキビが緩和されたとしても、その後も不安定に体内の量が変化するので、この状態がニキビを誘発します。これが、低用量ピルを用いたホルモン治療が逆にニキビを悪化させる場合がある一番の原因です。

 

ノコギリヤシ療法は次世代のニキビ治療法

ノコギリヤシというサプリメントをご存知でしょうか。ご存知の方にとっては、中高年の男性の頻尿や円形脱毛症、前立腺肥大などの改善や予防に使われる健康食品としてのイメージが強いでしょう。このノコギリヤシでのニキビ治療が、低用量ピルに代わる次世代のホルモン治療の手段として、一部のニキビ専門外来やドイツの皮膚科医療では話題になっています。

ノコギリヤシのエキスには、男性ホルモンであるテストステロンとジヒドロテストステロンの両方を減らすことができる他、新たに産生されるものに関しても抑制してくれます。そして、テストステロンがそのさらに10倍の活性を持ったジヒドロテストステロンへと変貌する際に深く関わる酵素である2型5aリダクターゼという酵素の働きもブロックするという研究報告がなされています。

 

女性は育毛に使うのではなくニキビ予防に使う

近年、男性ホルモンを減らしたいと願う女性がノコギリヤシを服用して美容の向上を図るケースが増えています。前述の通り、ノコギリヤシは確実にニキビへの予防・改善の効果があります。ニキビができる段階で男性ホルモンの影響を受けない人というのはいないからです。

しかし、薄毛治療の手段としても有名なノコギリヤシです。そうした女性の中にはノコギリヤシを薄毛対策に使う女性もいるようですが、これは無意味です。

なぜなら、女性の薄毛のそもそもの原因は男性のそれとは性質が全く異なり、ジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンの影響ではない場合がほとんどだからです。女性の薄毛対策には育毛剤を使用するほうが効果が望めます。

 

コメント